仮想通貨のアービトラージはデイトレより良い理由と取引チャンス

アービトラージという取引手法は、保ち合い相場でもお金を稼げるメリットがあります。デイトレのような仮想通貨の取引スタイルですと、保ち合い相場は少々難しいという声も多いですが、その相場でも確実にお金を稼げる訳です。

相場が動かないと稼げないデイトレ

デイトレのようなスタイルで取引する場合は、たいていはトレンドを追跡していく事になります。上昇や下落のトレンドが発生しているタイミングで、レートを追跡して利益を伸ばしていくケースが殆どです。
しかしその取引手法には、1つ致命的なデメリットがあります。確かにトレンドが発生している時は、その方法は有効ではあります。しかしトレンドが無い相場では、その方法は力を発揮してくれません。
そもそも仮想通貨の価格を確認してみると、ほとんど動いていない事もあります。平日などは、その通貨の価格はあまり動かない事も多いです。ですから平日は、若干取引しづらい傾向があるのです。

トレンドを追跡する訳ではないアービトラージ

ところがアービトラージという手法は、そうではありません。その手法の場合は、トレンドが発生しているかどうかはあまり関係ありません。トレンドを追跡するというより、むしろ価格差に注目する事になるからです。
そもそもアービトラージという取引手法は、取引所の価格差を注視していく事になります。チャートの動きを確認する訳ではありません。
現に人によっては、価格を比較するためのツールを活用している事もあります。スマートフォンなどで使用できるツールを活用して、各社の提示価格を比較している方も多いです。決してチャートを見ている訳ではありません。
ですからアービトラージは、たとえ保ち合いの相場でもお金を稼ぐ事はできます。あまり価格が動いていない状態でも、比較的確実に稼ぐ事も可能なので、取引しやすいという声も多いです。

デイトレよりも取引チャンスが多いアービトラージ

このためアービトラージは、取引するチャンスが多くなります。上記でも少々触れた通り、仮想通貨は土日あたりは値動きが比較的大きくなりますから、トレンドが発生する確率も比較的高いです。ですからデイトレは、主に土日メインに取引することになるでしょう。平日は、取引を控えるケースも多いです。
ところがアービトラージの場合は、平日も取引チャンスになります。トレンドが発生しているかどうかは関係ありませんから、幅広い曜日で取引できる訳です。取引チャンスの多さを考慮すると、むしろアービトラージの方がおすすめという声も多いです。